「お酒との食べ合わせ」

お酒との食べ合わせ

 

普段の食事に食べ合わせがあるように、お酒とおつまみにも食べ合わせがあります。
お酒とおつまみの組み合わせ次第では、二日酔い予防になったり、アルコールの分解をのスピードを速めてくれたり、一方で普段は感じない生臭さを感じたりと効果が変わってきます。
良い組み合わせと悪い組み合わせを知って、より楽しくお酒を飲めるようにしましょう。

 

 

「お酒との食べ合わせで、良い食材」

 

枝豆

 

まずはおつまみの定番、枝豆です。
お通しとして出てくるお店もあるくらい定番のおつまみですが、枝豆に含まれるメチオニン・ビタミンB1・コリンという物質がアルコールの分解をしてくれます。
更に、枝豆に含まれる食物繊維が脂肪を吸収してくれる役割も果たしてくれます。

 

 

キムチ

 

キムチに含まれるナイアシがアルコールの分解をしてくれます。
それに加えて、酔う原因となるアセドアルデヒドという物質の分解もしてくれるので
二日酔い対策
にもなります。
唐辛子の力で代謝もアップするので、新陳代謝が進みお酒が抜けやすくなります。

 

 

お酒と食べることは少ないかもしれませんが、柿もとても食べ合わせが良いです。
柿に含まれるタンニンがアルコールを分解してくれるだけではなく、
むくみを解消してくれるカリウムも含まれています。

 

ビタミンCも多く含まれているので、美容や抗酸化作用に優れています。
お酒を飲んだ後のデザートとして食べると良いかもしれません。

 

 

「お酒との食べ合わせで、とても生臭くなる食材」

 

お酒と一緒に食べると生臭さが引き出されてしまう食材もあります。

 

ワインと魚卵

 

ワインを飲んでいるときに、イクラやタラコ、数の子などの魚卵を一緒に食べてしまうと、魚卵の生臭さを引き出してしまいます。

 

これは魚卵に多く含まれる過酸化脂質が、
ワインに含まれると組み合わさると生臭くなる成分を生んでしまうからです。
魚料理には白ワインが合いますが、魚卵との相性は悪いので気をつけてください。

 

ビールと刺身も生臭さが際立ってしまいます。

 

ビールには上面発酵と下面発酵という種類があり、
一般的に上面発酵で作られたビールを”エール”
下面発酵で作られたビールを”ラガー”といいます。

 

このラガービールには硫黄化合物が含まれており、
刺身などの生魚にも硫黄化合物が含まれているのでこの2つが組み合わせられると生臭さが強調されてしまいます。

 

エールビールであれば生臭さが強調されることはないので、
生魚を食べる時にビールを飲みたい場合はエールビールを選ぶようにすると良いでしょう。